概要

ニューロトラッカーについて

最後にスポーツ科学に裏づけられている

イメージ

ニューロトラッカーは多くの研究と実践調査に基づくスポーツ科学的なトレーニング方法です。パフォーマンスを効率よくかつ最大に高めるために、トレーニングの原則に基づいた負荷を脳に与えます。

トレーニングでは、パフォーマンスを向上させるのに必要な要素を抽出し、それぞれを単独で繰り返し集中的に鍛えるのが最も効果的です。これはスポーツ科学の最も重要な原理の一つです。

個別性の原則、過負荷の原則、反復性の原則で構成されるこの方法は、世界中のスポーツにおいて、専門的なトレーニングの基本であるとされています。あらゆる筋力強化・調整プログラムが、このアプローチを採用しています。

  • 個別性の原則:個人個人に合ったトレーニングをする
  • 過負荷の原則:効果がある負荷を見つけて、それ以上でトレーニングする
  • 反復性の原則:適度な間隔で反復し、それを継続的にトレーニングする
  • ニューロトラッカーは、脳を機能ごとに分離し、限界速度を変化させることによって段階的に負荷をかけ、3 分間のトレーニング中に最も 効果的なタイミングで刺激を繰り返すといったかたちで、このアプローチを応用しています。ニューロトラッカーは、このように脳の可塑 性を利用した理想的なトレーニングメソッドであり、パフォーマンスを大幅に改善します。

    スポーツ選手の知識と技能は、同じポジションの選手であっても、一人ひとり大きく異なります。一般的に知られている知識と技能の多く は、身体能力やスキルに基づくパフォーマンスのデータに基づいています。なぜなら、測定が簡単にできるからです。

    イメージ

    しかし、脳の能力は、簡単には測定できません。これまで、ほとんどの監督はスポーツ選手の脳の働きを自身の主観に基づいて判断してきました。しかし、スポーツ選手のスポーツパフォーマンスを正確に理解するためには、脳の働きを測定することは不可欠です。

    ニューロトラッカーは、科学的な根拠に基づき、認知スキルを正確かつ客観的に測定します。測定データは、パフォーマンスに関するその他の統計データと比較することができ、それまで認識されていなかった弱点を発見し、試合に対する全体的な能力を短期間で高めることができます。またケガや脳震盪からの回復後、試合復帰が可能かどうかを判断する指標としても活用できます。


    一流チームの選手に対して実施されたニューロトラッカーの研究では、ニューロトラッカーを使用する頻度が高いほど、試合データや監督の評価が改善することがわかっています。これに加えて、使用した多く選手が脳機能の向上によって心理面によい影響があったと報告しています。典型的な証言をまとめると以下のようになります。

  • プレッシャーのかかる場面でも「ゾーン状態」を長く維持することができた。
  • 相手の動きが遅いと感じるようになった。
  • パスの出し方や作戦を考える時間が持てるようになった。
  • 相手の速い動きに圧倒されなくなった。
  • 相手の動きを予測でき、ボールを奪われることがなくなった。
  • チームメイトがどこへ動こうとしているかがよくわかるようになった。
  • 接近戦でも競り負けることがなくなった。
  • 横方向の視野が広くなった。
  • 主観的なコメントですが、大きなプレッシャーのもとで試合を行うスポーツ選手にとって、圧倒される状況において、より大きな自信を持って確実にプレーを行えることこそ何よりも価値のあることです。