導入事例

バンクーバー・カナックスにおけるケーススタディ

バンクーバー・カナックス(Vancouver Canucks)はカナダブリティッシュコロンビア州・バンクーバーを本拠地としているナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のプロアイスホッケーチームです。

2010~2011年度、18年ぶりにカナダで2位になりました。
ニューロトラッカーのトレーニングプログラムを導入したバンクーバー・カナックスのパフォーマンスが著しく改善されました。
オレンジ色のミニチャートで示されたように、平均の評価は以前のシーズンの各々よりも良好でした。

プロリーグで活躍しているリーグにとっては、小さなアドバンテージでも成績に大きな影響をもたらせます。例えば、カナックスは先制点の維持率を22%も高めることができ、ライバルチームの逆転の可能性を最小的に迎えることができました。

弱小チームであったカナックスは、ニューロトラッカーを導入した結果、2010年~2011年のNHLリーグで優れた成績を収め、17シーズンぶりに決勝戦に出場権を獲得しました。